Recycling toner

リサイクルトナーで失敗しない方法

オフィスや学校など毎日大量のコピーなどを使う場合、印刷コストをちょっと気にするだけでかなりお得になります。「いつも使っているものだから」「どんなものを使えばどれだけ安くなるか調べるのが面倒」だと感じたなら、この機会にぜひ見直してみましょう。
そこでチェックしておきたのが「リサイクルトナー」と言われるものです。
トナーには大きく分けて「純正品」「輸入品」「汎用品」と「リサイクル品」があります。リサイクルトナーはリサイクル品にあたり、回収しや使用済みのカートリッジを確認し中身を詰め替えたトナーのことを言います。純正品を選ぶことをメーカー側は推奨していますが、やはり純正品のトナーは価格が高くランニングコストも高くなってしまいます。その点、リサイクルトナーはかなりお得な価格で販売されているのでコピー1枚あたりのコストもかなり抑えることができます。
最近ではリサイクルトナーの品質は格段に向上していて、使用にはほぼ問題ないといわれています。リサイクルトナー初心者の場合はいくつかの判断基準を知っていると安心です。例えばリサイクルした場合、ケースのどこかに再生回数をラベルなどで記載してあります。最大でも5回以上再利用するとトラブルの発生が増えるので、こうした再生回数のラベルなどもチェックしておきましょう。
リサイクルトナーを初めて購入する場合は、こうした点に気を付けて選ぶと安心です。

Choices Article

News

2016年10月05日
そもそも、リサイクルトナーとは?を更新しました。
2016年10月05日
純正とリサイクルトナーの事情を更新しました。
2016年10月05日
リサイクルトナーで失敗しない方法を更新しました。
2016年10月05日
リサイクルトナーで、印刷代を節約を更新しました。
TOP