Recycling toner

純正とリサイクルトナーの事情

レーザープリンターを使っているとどうしてもトナーを購入するという問題に直面します。最近は髙い純正トナーではなくリサイクルトナーを購入する人が増えているようです。リサイクルトナーはプリンターの販売会社ではなくリサイクル専門の会社が製造販売しているトナーです。価格はさまざまですが、はっきりしているのは純正トナーに比べると圧倒的に安いということです。インターネットで検索すると購入できる店がたくさんあるのがわかります。印刷枚数も純正のものと比較しても変わりません。いいところばかりのようにみえるリサイクルトナーですがデメリットはないのでしょうか。
店の口コミなどをみていると、やはりデメリットがあることがわかります。ちらほらでてくるのが色が違うということです。けれどはっきりわかるものではないので気にする人も少ないようです。それよりも多い口コミは不具合が生じた、プリンターが壊れたというものです。なかにはプリンターが壊れても純正トナーを利用していなかったので保証が使えなかったという人もいるようです。
もちろんリサイクルトナー製造販売会社の方でもこのようなデメリットを認識しているようで、注意書きがされています。最近は自社の製品が原因とわかる不具合には独自の保証をする会社もあるようです。純正トナーかリサイクルトナーか、迷うところですがこうした事情をふまえ判断することが大事です。

Choices Article

News

2016年10月05日
そもそも、リサイクルトナーとは?を更新しました。
2016年10月05日
純正とリサイクルトナーの事情を更新しました。
2016年10月05日
リサイクルトナーで失敗しない方法を更新しました。
2016年10月05日
リサイクルトナーで、印刷代を節約を更新しました。
TOP