Recycling toner

そもそも、リサイクルトナーとは?

【リサイクルトナーについて】
リサイクルトナーは、レーザープリンターやコピー機などで用いられるトナーカートリッジの一種で、別名「再生トナー」。
簡単にいえば、中古のリサイクル品のことです。使い切られて空になったトナーカートリッジを回収し、再度中身の顔料等を補填・販売されている物を指します。プリンター本体のメーカー製造の新品(純正品)に比べ格安で、リサイクルの関係上、地球環境に優しいという特徴がございます。
【踏まえておきたい基本知識】
リサイクルトナーには、プリンターの製造元であるメーカー以外の業者が洗浄・修理・再生し、販売されている物が多々あります。そのような商品では、純正品より初期不良などの不具合が起きやすいというデメリットがございます。予め製品保証が付与されていますが、場合によっては清掃作業に迫られたり、プリンターの調子が悪くなることも……。また、印刷物の色合いが純正品と異なるケースもあり、注意が要ります。
近年は、大手プリンターのメーカーがリサイクル・リユースへ取り組み、メーカー純正の再生トナーを販売されていますので、先述の不具合が気になる方はそちらの商品をご利用なさるとよろしいでしょう。

Choices Article

News

2016年10月05日
そもそも、リサイクルトナーとは?を更新しました。
2016年10月05日
純正とリサイクルトナーの事情を更新しました。
2016年10月05日
リサイクルトナーで失敗しない方法を更新しました。
2016年10月05日
リサイクルトナーで、印刷代を節約を更新しました。
TOP